安易に国内大手生保に入るのはもったいない

私は日本生命に電話で保険料を見積もってもらい
ニッセイの保険は本当に高いということを確認しました。
他社の同じ保障と比べて、保険料がべらぼうに高いのです。



私はニッセイに電話した時、
「今、保険に入っていますか?」とオペレータに聞かれ
「ソニー生命に入っています。保険金額300万円で保険料は○×円です。」
と正直に答えたところ、
「うちは、ソニーさんより高いですね…」と言われました。



それでは話が終わってしまうので、
「実は、保険を買い足そうと思っています。
伝統があって安心できる日本の大手の保険に
入ろうと思っているんです」と私は言って、
話を続けました。



それにしても、なぜこんな保険に入る人がたくさんいるのか
不思議でなりませんでした。
本当に高い!の一言でした。

★生命保険★
ソニー生命
日本生命
保険金
300万円
最低500万〜加入可
(300万円として計算)
保険期間
終身
終身
保険料
5,700円
8,310円
保険料総額
171万円 60歳払込
249.3万円
60歳払込
保険料年額
5,700円×12ヶ月
=68,400円
8,310円×12ヶ月
=99,720円
60歳払込時点でこんなにもニッセイの方が高いのに
(同じ保障を得るのに)、
解約した場合、ニッセイはほとんど戻ってこない!
全部営業事務費(ニッセイ社員の給料)です!
私の大学時代の同級生が日本生命に勤めています。
(営業ではない)日本生命の職員の給料は本当に高いことを
私は知っていますが、
ニッセイ加入者がニッセイを支えていることを考えると、
こういう保険に入ることは本当にもったいないと思いました。



私はソニー生命に加入していますから
ソニー生命を支えています。
ですが、私のソニー生命の変額終身保険は
私が60歳まで頑張って払い込んだら、
払い込んだ以上戻ってきます。
ソニー生命がうまく運用してくれるからです。
ソニー生命と私、双方が良好な関係と言えます。



一方、ニッセイの終身保険に入れるのは最低で500万円〜です
(そもそも終身死亡保険は保険会社の儲けが少ないし、
300万円程度では利益率が更に低いのだと思います)が、
定期保険となると加入最低額は1000万円です。
35歳男性、保険金額1000万円、10年更新タイプ
に加入した場合、月2920円です。
10年後の更新は4880円になります。
更新型はこんなにも上がってしまうのです。
保険期間はMax60歳です(→60歳で終了)。



今払う保険料が安いからと言って
「安易に」定期保険に入るべきではありません。

35歳〜45歳の間は子供にお金がかかるし…
ということで35歳〜45歳の間だけ
定期保険に入るなら◎だと思います。
定期保険は、一生お付き合いができるものではなく
特約と思っておくのが良いと思います。
文字通り「定期」です。



医療保険の比較
★医療保険★
損保ジャパン
日本生命
保険金
1日1万円
手術給付金10, 20, 40万円
先進医療特約付
1日1万円
手術給付金20万円
保険期間
終身
終身
保険料
5700円
7930円
保険料総額
171万円 60歳払込
終身払いのみ
保険料差額
5700×12ヶ月
=68400
7930×12ヶ月
=95160

医療保険に至っては、
ニッセイは60歳払込タイプがありません!
終身医療保険に入りたいなら、「終身払い」なのです。
生き続ける限り保険料を払い続けるのです!
しかも、私の損保ジャパンの医療保険よりも月2200円も高い
(ほとんど同条件なのに)!



要は、ニッセイ、第一生命など国内大手は歴史、ネームバリュー、
グループがあります。
盲目的に自動的に加入してくれる人たちが沢山いるから、
良い保険商品を出す必要がないのです。
保険会社が儲かる商品しか出さないのです。



基本的に、私は終身払いは厳しいと思います。
80歳になって、
毎月7930円を払い続けるとしたらどうですか、
負担になりませんか?


ニッセイの説明を聞いて、
とにかく高い!という印象を持っています。
日本生命に入っている契約者がみんなこういう事実を
知ったらどうなるんだろう・・・と思います。
でも、おそらく、私のホームページを読むことでさえも
普通は面倒臭いと思います。
危険が迫っているわけではない人たちが
面倒臭い資料を読むことはないので
事態は変わらないと思います。



因みに、国内大手であればニッセイでも第一生命でも
変わりありません。高い保険料です。
その法外に高い保険料がニッセイ、第一生命社員さんの
高待遇を支えています。
※その他に国内大手とは、明治安田生命、
第一生命、住友生命など昔からある日本の生命保険会社です。



その一方で、第一生命、明治安田生命など保険会社は
営業社員(セールスレディー)に厳しいノルマを課しています。
営業社員はここまでやらないといけないのです。
高い保険を売らないといけないから
セールスレディは大変なのです。
(●→ご参考)(別画面が開きます)



生命保険、医療保険は一生のおつきあい。
当面の間保険料を払い込み、総額で数百万円に達します。
国内大手の高い保険で良いですか?


何となく生命保険・終身医療保険に入るべきでない他の理由のページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)