お宝保険見直し 損しないよう注意 〜予定利率

お宝保険とは、概ね平成8年以前に加入した終身保険、
予定利率4.75%以上の終身保険のことを言います。



保険を見直しすると大体得をするものですが、
何が何でも見直しすれば良いというものではありません。
正しい選び方を知る必要があります。
お宝保険を解約すると、
断然損をするので注意が必要です。


「私の保険はお宝保険なのかしら?」と思われる方は
加入している保険会社に「私の入っている保険の
予定利率はいくらですか?」と聞いてみると分かります。



さて、予定利率の説明をします。
予定利率とは、保険会社と保険契約者との約束事です。
保険会社は契約者より預った保険料を資産運用することで、
あらかじめ一定の運用収益を上げています。


その代わりに保険料を割り引いています。
この割引率を予定利率と言います。



例えば、予定利率5.5%であれば年利5.5%でずっと運用します、
そしてその分のお金5.5%は本来かかる保険料から値引きしておきます
と言っているようなものです。
つまり、「100」支払う保険料を「94.5」でいいですよ
と言っているのと同じです。



予定利率が1.5%であることは、
「100」支払うところ「98.5」支払うわけですから、
 当然5.5%より保険料を多く支払うようになってしまいます。


例を挙げますと、
最近の商品は終身保険では予定利率は1.5%前後が多く、
各社それぞれ微妙に差があります。



35歳男性、60歳払込、1000万円終身保険に
加入した場合の保険料の例をご紹介いたします。



ただし、終身保険でも利率変動型、
低解約型など色々な種類が有りますので、
一概には比較はしないでください。
また、各社付加保険料によって保険料は変わります。
あくまで目安として見てみてください。



●東京海上日動あんしん生命 終身保険 (1.5%)
月払い保険料 25,000円   総払込金額 7,500,000円
●ソニー生命 利率変動型終身保険 (予定利率2%)
月払い保険料 23,000円  総払込保険料 6,918,000円
●ソニー生命 変額終身保険 (予定利率3.5%)
月払い保険料 19,190円  総払込保険料 5,757,000円



予定利率が同じ利率でも各保険会社ごとに保険料は違いますので、
この数字はあくまで参考としてください。



これが予定利率です。
このように見てみると、昔の4.75%という予定利率を持つ
保険は驚異的です。
一方の生命保険会社からすると、このお宝保険が儲けを圧迫しています。


このネックになっているお宝保険を
何とか現在の予定利率の低い保険に
「転換」させようと営業をかけてきます

(数年前にこの「転換」に関し、
「何も知らないお年寄りに詐欺まがいに転換させすぎだ」
と問題になったので、現在はそこまでひどい営業ではないですが)



総じて、保険会社の営業さん、生保レディが持ってくる
「新商品の紹介」
「現在入っている保険の見直しのススメ」
はロクな提案ではありません。


基本的には、生命保険を見直しすると
保険料を安くすることができるのですが、
大手生命保険会社の営業の言うがままに見直しすると
損をするというのはここです。



保険会社に属していない保険専門家の意見が一番です。
とにかく、お宝保険をお持ちの方が、
このお宝保険を解約する際は十分に吟味した方が良いと思います。


生命保険選び方の相談相手、誰にする?へ進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)