がん保険 選び方 比較 おすすめ

終身がん保険の比較です。現時点で評判が良い・おすすめと言われるがん保険を取り上げました。ガンは今や早期発見すれば治る病気と言われています。ガンが治る病気になったこと、ガンの治療費はお金がかかることから、がん保険はニーズが増加しています。

ガン保険 比較評判


 会社名  オリックス  アリコ
  東京海上   アフラック 
 診断給付金
  100万 100万  100万  100万
 上皮内がん
  100万   50万  100万  10万
 通院特約  退院時10万 1日1万 
  1日1万  1日1万
 クレカ払い     ○  ○    ○    ×(○)
 5年後再発  50万 100万   100万   20万
 保険料  3,090  3,238   3,401   3,387
※入院日額1万円計算。
※保険料は、36歳男性、保険期間:終身、払込期間:終身
※先進医療特約はどれも付けることができます。
※アフラックは2011.1.24〜終身払いの終身がん保険はクレカ払い○。


ガン保険の選び方・比較ポイントとしましては・・・

  1. がんが再発した時にいくら出るか
  2. 上皮内がん(新生物)の場合、いくら出るか
  3. 通院特約はあるか
  4. 条件を同じにして、保険料比較

この辺りがポイントになるかと思います。


1.がんが再発した時にいくら出るか
例えば、5年後にがんが再発した時、いくら出るかです。オリックス生命(Believe,ビリーブ)はアリコ、東京海上(100万円)に比べ半分(50万円)ですが、保険料が安いところが良いです。そもそも、がんにかからないかもしれないし、がん治療の退院後、再発するかどうか分かりませんから安い保険料を選ぶのはありかと思います。


2.上皮内がん(新生物)の場合、いくら出るか
上皮内がんは、通常のがんより程度が軽いものです。アフラックの10万円は少ないと思います。アフラックの弱い所はここです。


3.通院特約はあるか
入院が短期化している昨今、大事なのは入院保障ではなく、通院保障です。オリックス生命(Believe,ビリーブ)は通院保障ではないものの、退院(10日以上の入院)時、10万円が下ります。この10万円を通院に充当するという考え方です。


4.条件を同じにして、保険料比較
このように、条件を同じにして、保険料比較すると分かりやすいです。どこの保険会社が自分に合っているか分かってきます。東京海上日動あんしん生命(正式名称:がん治療支援保険)は広く保障する代わりに少し割高です。オリックス生命(正式名称:Believe,ビリーブ)は通院を抑えて、少し安めにしてあります。アリコジャパン(正式名称:終身ガン保険)は両者の中間です。


アフラック(がん保険フォルテ)は以前は独壇場だったのですが、東京海上日動、アリコ、オリックスなどの「後出し」保険に抜かれた感があります、アフラックは保険料の割に他3社と比べ保障範囲が狭いと思います。



毎月の保険料支払いがクレジットカードでできるかどうかも大きなポイントだと私は思います。保険料総額で200万円くらい払う計算になります。200万円分のカードポイント、航空会社のマイルをもらえるとしたら、その特典は大き過ぎると私は思っています。アメリカンファミリーは2011年1月24日より、終身払いの終身がん保険はクレカ対応になります。短期払(65歳払込など)の終身保険はクレカ払い×です。



がん保険のおすすめとしては、アフラックの評価は少々落ちるものの、これら4社は国内大手(日本生命、明治生命など)のガン保険に入るより評判が良く、おすすめです。参考までに・・・ネクスティア(SBI)生命保険のカチッと終身がん、アクサの収入保障のがん保険もまあまあ良い保障内容です。


★管理人の結論★がん保険「どれが良いか」・・・結論づけるなら、オリックス生命のBelieve(ビリーブ)かなと思います。2011年4月発売、最新のがん保険は損保ジャパンの「勇気のお守り」です。東京海上を抜いている感があり、広い保障で少し高い→勇気のお守り、そこまで保障が広くないが安い→ビリーブと言ったところです。ここまで行くと好みの問題だと思います。

終身がん保険に入りました

ようやく重い腰を上げた管理人はこの度、オリックス生命の終身がん保険『ビリーブ』に入りました。上野樹里さんがCMしていますからご存知の方も多いと思います。自分で入りましたし、おすすめだと言ったことを納得していただけると思います。

終身がん保険の比較

終身がん保険の選び方

条件は・・・
・36歳男性、告知事項特になし
・保険料3,090円
・保険期間終身、払込も終身
ガン保険の選び方

・がん入院給付金 1日10,000円
・がん治療給付金 50万円
・初回診断一時金 100万円
・がん手術給付金 20万円
・退院一時金    10万円


このような内容です。保険料と保障のバランスが良いと思います。今回、私が加入したこの契約内容は最低限の内容です。良い保険に最低限の保障額で加入する。これが一番良い保険の選び方かなと私は思います。保険は儲けるものではなく、困った時に少し助けてもらえればありがたいものです。その位の感覚が良いと思います。


※私は「おすすめの終身がん保険はどれですか?」とよく聞かれます。上記の理由からオリックスと答えていますが、終身がん保険に入ることを勧めているわけではありません。このような選び方をしてオリックスのビリーブを私は選んだという生の口コミ体験談です。勇気のお守りが一番良いと言っているFPさんもいますよ。


なぜ無駄な保険が売れ続けるのか?のページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)