終身医療保険、定期医療保険をレーシック手術に使えるか?

結論を言うと、概ね2007年以降に終身・定期医療保険に入られた方の場合、ほとんど使えないです。


実は、いまだに まれですがレーシック手術が適用される医療保険があります。しかし、レーシック手術をすることが前提で医療保険(入院保険)に入ることはできません。そして、レーシックが使える医療保険の保険料はべらぼうに高いです。あまり売れていない医療保険商品です。よって、今は使えないと考えて良いです。



以前は、各生命保険会社はレーシック手術に対応していました。私の友達(警察官)が2005年くらいにレーシック手術をして、医療保険が使えたと言っていました。因みに、13万円くらい保険金をもらったと言っていました。


この頃から松坂投手がレーシックをして渡米したり、スポーツ選手がレーシックをすることにより、一般人にもレーシックが広まりました。当時はレーシックが警戒されているわけではありませんでした。レーシックを受けるために、終身医療保険ないし定期医療保険に入る人が増えました。



そして、契約者たちはレーシック手術が終わり(これは一応、日帰り入院として扱われた)、保険金をもらうと保険を辞めてしまうことが保険会社の中で問題になりました。各保険会社は、損してしまうのでレーシック手術は保険金対象から外しました(全てではないですが)。


今、「医療保険が使えるかもしれない 詳しくは生命保険会社へ・・・」という期待を持たせるようなことがレーシック医院のホームページに書いてあることがありますが、2007年以降に医療保険に入った人はほとんど×、2006年以前に医療保険に加入された方の場合、概ね使えると思います。



2006年以前の商品に加入された場合、今日まで沢山の保険料を払ってきているのですから、レーシックの費用くらい払ってもらっても良いと思います。今まで、沢山の保険料を払ってきたのですから・・・。


因みに、私も最近レーシックをしました。終身医療保険「健康のお守り」はレーシックが対象になるかFPさんに聞いてみましたが、2007年2月以降に加入した健康のお守りは×でした。その時に、いまだにレーシックでも使えてしまう医療保険を聞いてしまいました。でも、今更私がその医療保険に入っても、ムダですのでもう入り直したりはしません。



●過去に終身医療保険・定期医療保険が使えた生命保険会社
AIGエジソン生命、AIGスター生命、JA共済、あいおい生命、
朝日生命、アクサ生命、
アクサフィナンシャル生命(ウインタートウル・スイス生命)、
アメリカンファミリー、アメリカンライフインシュアランス、
エキスパートアライアンス、警察共済組合、ジブラルタ生命、
住友生命、ソニー生命、損保ジャパンひまわり生命、
第一生命、太陽生命、大同生命、東京海上日動あんしん生命、
日本生命、ピーシーエー生命保険、
富国生命、プルデンシャル生命、マニュライフ生命、
三井生命、三井住友海上きらめき生命、明治安田生命

終身医療保険のランキングはこちら


父の死亡保障 三井生命保険会社が説明に来ましたのページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)