保険を検討していると、保険料が段々高くなっていく不思議

「やっぱり私も保険をしっかり見直ししなくちゃ」
「よく分からないけど、生命保険はみんな入っているし
私も入らなくちゃ」


こんな風に、生命保険(がん保険、終身医療保険含む)を検討していくと、
最初は毎月の保険料は2万円で抑えたいと思って
保険を考え始めても、あれも必要、これも必要・・・
と思い始めて、気づいてみると、保険料が4万円を超えていた・・・
なんてことがあります。
イルカに乗る
この原因は、
保険を検討している人(おそらくあなた)の軸がブレているからです。
ご主人が亡くなった時に、残された奥さん、お子さんが
今後、必要とする金額をしっかり把握していないからです。



保険会社の営業、生保レディ、あるいは保険会社のパンフレット通りに
見積もりすると、とんでもない保険料になります。
なぜなら、足りないことがないように多めに見積もっているからです。



ご主人様が亡くなった時に、遺族が欲しいのは
遺族が楽に暮らせるお金ではないはずです。
奥さんは「私が働くし、最低限の保険が下りれば良い」
と思うはずです。

まあ、多めに見積もるとしても、お子さんが私立の大学に行くこと
くらいでしょう。


「住宅ローンを返さないといけないんですけど」と思うかもしれませんが、
住宅ローンを組んだ場合、団信に入らされますので、
ご主人が亡くなった際には
住宅ローンはなくなるように組んであるはずです。
なので、ちゃんとローンの中身、保険の中身を知っておくようにすれば
そんなに多くの保険に入らなくても良いことに気づくはずです。



保険会社、保険の営業は、沢山保険に入ってもらった方が儲かるので
多めに見積もってくるのですが、
後々「せっかく保険に入ったのに、生活費が足りないじゃないですか」
と言われることを防ぐこともあります。



生命保険はよく分からないで入る人が多いので、
多目に見積もっておかないと、
いざ保険を使う時にこのように言われます。
保険を使う時に、たくさんお金が下りると
「こんなにお金をもらえるんだ。ありがとう」と保険マンは言われます。
それならば、最初から多目に見積もっておいて
保険を使う人から満足してもらった方が良いですね。


保険を使わずに済んだ人からは「掛け捨てだ。お金を取られた」
と、通常言われます。
でも、保険を使った人から「いや〜、保険に入っておいて良かったよ。
本当に助かったよ!」と言われれば、
保険使わなかった人の保険に対する評判よりも
保険を使った人の良かったよ!という口コミの方が勝ちますよね。



こうなることで、保険は一応必要なものですし
保険業界は良くない口コミが少ないというか、
良い評判と良くない評価がトントンなんです。



ですから、ご家族の必要経費が分かっていないと
「あれも必要」「こっちも必要」
と、保険料が段々に高くなって行ってしまうのです。


ご主人様が亡くなった時、
●遺族がラクして暮らせる金額が欲しいかどうか
●住宅ローンはなくなる
このことを思い出しておくだけで
その後の必要経費はかなり下がるはずです。
あれもこれもと多目に経費を見積もるか
必要な経費だけを見積もるかで
保険料が全然違ってきます。



保険の見直しをするのであれば、
ご主人様が亡くなった場合の
こういったライフプランを含めて
保険の見直し相談をしてくれるような
保険のプロに保険相談すべきです。

実は、選び方や見直しをしない方がラクで良いのページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)