オリックス生命保険 ファインセーブ

ファインセーブの広告を毎日新聞で見ました(2010年1月28日)。

医療保険CUREで売れているオリックス生命の商品です。

オリックス生命 ファインセーブ

広告を見るとまず、死亡保障1500万円で2,760円は安いのかな?と思うと思います。



ORIX生命保険 ファインセーブ



生命保険 広告を見るポイント オリックス生命 ファインセーブ
  • 30歳、死亡保障1500万円で月々2,760円
  • 保険期間10年→定期保険
  • 契約年齢70歳まで→定期保険であり、終身保険ではない

まず、こういう条件であることを確認します。


70歳までしか保険に入れないということは、70歳以降どうするかを考えます。通常は70歳以降に保険が必要となることが多いので、この段階でこの定期保険は合わないという方が多いと思います。今だけ保障が欲しいのか(定期保険)、それとも死ぬまで保障して欲しいのか考えます(終身保険)。


一応、オリックスのフリーダイヤルに電話して40歳になった時、保険料がいくらになるか聞いてみました。すると、

 年齢  月々保険料
 30歳     2,760円
 40歳     4,470円
 50歳     8,940円

このように保険料が更新の度に上がって行きます。更新することを前提に定期保険に入ることは少ないと思いますが、更新する予定があれば、最初から保険料が上がらないよう、30年定期などで入るものです。終身保険であれば、もう少し、保険料が上がりますが最後亡くなった時に保険金を必ずもらえます。


私  「因みに、終身保険で、30歳男性だと月々いくらになりますか?」

担当 「終身保険は対面販売となります。保険料につきましても、ここでは分かりません。担当部署にお回ししましょうか?」

私  「あ、いいです、いいです・・・ありがとうございました」


  • 終身保険→対面販売
  • 定期保険→インターネット販売

定期保険は売りやすい、基本的に10年生存してもらえば保険は使われない、定期保険は保険会社にとって儲かる商品です。儲かる商品だから入るのを簡単にしていると言えます。一方で、確かに、終身保険は一生のお付き合いであり、説明することが沢山あるから対面販売であるという事情があります。死亡保険ファインセーブの評価は、定期保険を買うのであれば安いです。


こういうでかでかと広告されている保険商品で、良い商品を私はあまり見たことがないのですが、オリックス生命の定期保険は安いので良いと思います。定期保険は海外旅行傷害保険の感覚で使うなら良いと思います。定期保険は最初に期間をきっちり決めてから加入する方が良いです。



因みに、オリックス生命の医療保険CURE(女性保険CURE Lady含む)。

オリックス CURE

オリックスの終身医療保険CURE、CURELady(女性保険)は文句なく良い医療保険です。よくおすすめされています。



日本生命 年金名人、終身保険マイステージのページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)