生命保険は保障。資産運用はまた別の話。個人年金

管理人はお得な生命保険を選んで入りましたが、
基本的には、保険の選び方とお金を増やすことは別の話です。


終身タイプの生命保険(終身死亡保険)は、いつか絶対にもらえる
保険ではあるのですが、毎月の支払いは定期保険に比べて高いです。


終身保険は
預金とは違って、おろしたい時に下ろせる(解約)わけではないし
保険料が高いので、考えた方が良いです。
急にお金が必要になったら解約すればいいやと考えるのであれば
最初から、保険と資産運用は分けた方がいいです。
保険を解約すると、解約返戻金がありますが
払った割りに微々たるもので、ばかばかしいです。



解約することを考慮して保険選びをしない方が良いです。
基本的には、一生続けたい保険に入った方がいいです。
医療保険、がん保険は貯蓄性がない掛け捨て商品なので
イヤになったら辞めれば良いのですが、
終身の死亡保険は貯蓄性があり、継続していくものなので
払い込んだお金が沢山貯まって行くシステムになっていますから
辞めたらもったいないのです。


確実に増やしたいのであれば、生命保険ではなく
個人年金(個人年金保険)を検討した方が良いです。



むしろ、資産運用は個人年金にして、
保険は保障を買うだけと割り切って
定期死亡保険や収入保障保険を買っていく手もあります。


定期保険にするのであれば、収入保険は安いですし
理にかなっているのでおすすめですよ。
管理人は、死亡保険に入ってしまっていますが、
このような考えもあります。



深く言うと、
生命保険選びとは、ただ単に「万一に備えて」と言うより
イコール、マネーライフ、生活プランニングと言うべきです。
人生の生活設計です。


ソニー生命、本社内フロア移転作業中にパソコン紛失へ進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)