死亡保険金・給付金受取時の税金の話

死亡保険金・給付金を受け取る時、残念ながら税金がかかります。 どういうふうに保険をかけるかによって税金の種類が違ってきます。 手許に残る金額が変わってきますから、後になって「知らなかった!」では、済まされない、もったいない話になる可能性があります。


こういうことを含めて、頼りになる生命保険のプロから保険に入るのが良いわけですが、それはさておき、 ここでは例を挙げて税金の種類の基本をお知らせします。


 ★★ 保険契約者被保険者保険金受取人  税金
 例1  主人  主人 妻・子  相続税 
 例2  主人    子  贈与税 
 例3  主人  妻  主人  所得税


妻、子3人の例を挙げます。

●例1・・・一番多いオーソドックスなケースです。主人が自分の死をもって、遺族に 財産(保険金)を相続するので相続税となります。 死亡保険のかけ方において、一番自然な契約内容です。

相続税の説明
保険金を含む遺産1億円とすると、相続税の課税対象額は200万円になります。相続税は色々な必要経費を差し引くことができて、贈与税よりもかなり優遇されています。死亡保険に入る場合はできれば、このオーソドックスな型が良いです。 遺産が保険金の1千万円だけという場合は、相続税の課税対象は0円です。


●例2・・・主人が子供に財産を買ってあげた訳なので、贈与税となります。 贈与税の説明
控除は基礎控除のみです。保険金1000万円に対する贈与税の課税対象額は890万円です。要は、契約者、被保険者、受取人3者が異なる時は贈与税となります。支払った保険料を引けません。贈与税のパターンになる時は名義変更した方が良いと思います。


●例3・・・
所得税 一時所得
主人が死亡保険を購入し、被保険者が死んだことにより(被保険利益)、主人自身に保険金が入る訳です。株を買って株が上がって儲かる原理と同じであり、 所得税(一時所得)となります。そもそも、こんな風に死亡保険に入るケースはあまりないと思いますが、主人がいくら投資して、いくら得たかということです。「保険」というより「投資」の意味合いが強い契約内容です。その媒体が死亡保険だったということであり、所得税扱いです。



実は、先日管理人の両親が投資目的で死亡保険に入りました。当初
契約者:母
被保険者:父
受取人:母
という契約内容で申し込もうとしていました。



私:契約者が母なのか?
母 : 意味はない。
私 : これだと所得税対象になるし、
    保険金殺人でも狙う以外にメリットはないよ。
母 : 分かった。



ということで、 契約者:父
被保険者:父
受取人:母
という形で申し込みました。結局、オーソドックスな「1」の契約方式になりました。相続税対象であれば、うちの場合、家、土地の評価額がべらぼうに安いので、父の保険金を足したとしても無税ですから。



死亡保険の使い方とお金の話のページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)