住宅ローンと団体信用生命保険(団信)

死亡保険を検討する場合、将来の必要経費を見積もると思います。
その際に「住宅ローンの返済分も!」とローンの返済額を
必要保障額に盛り込むことがあります。



三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、横浜銀行など
一般の金融機関から借りる住宅ローンは、
万一ご主人が亡くなった場合に備えています。



金融機関は貸し倒れがないよう準備をしているのです。
金融機関は貸したお金を回収できないことがないよう、
住宅ローンを貸す時に
「団体信用生命保険(通称 団信)」に加入させています。
つまり、私たちが毎月返済する金額の中に
この「団信」の保険料も含まれているのです。



すなわち、
ご主人が住宅ローン返済中に亡くなったり、高度障害になった場合
死亡保険が降りて住宅ローンが完済される仕組みになっているのです。



借り手は知らないうちにそういう生命保険に入らされているので、
住宅ローンを組んで家を購入しているのであれば
その分(ローン返済分)の死亡保障額は減らすことを検討できます。



ローンを返すための死亡保険を計算する必要はないのです。
団信に加入している人が、住宅ローンの返済額を見込んで
死亡保険に入るとすると、保険料を二重に払っていることとなります。
終身死亡保険ならば、いつかもらえるのでまだ良いですが、
定期死亡保険であれば、無事に生存する可能性の方が高いのですから
損をする可能性があるのです。



ただ、借家暮らしの人は、
住宅ローンがありませんからこの団信に入っていませんので
将来の家賃分を考慮して、死亡保障をつける必要があるでしょう。



このように、大きな借金をする場合、
知らない間に死亡保険に入っていることがあるので
生命保険だけでなく住宅ローン、借金などの契約内容も
全て把握する必要があるでしょう。


自殺した場合保険金は支払われるの?のページに進む

生命保険 選び方・見直し・おすすめTOPページに戻る
他の生命保険サイトを見る(別ウインドウが出ます)